沿革

1942年<昭和17>5月宮崎県都城市上町2367番地に藤元医院開業
1951年<昭和26>2月医療法人八日会として法人認可
6月宮崎県都城市早鈴町4088番地に藤元病院開設(結核36床を除く)
1955年<昭和30>3月社団法人宮崎県南部結核予防協会を設立
社団法人八日会に組織変更
1960年<昭和35>3月藤元病院を藤元早鈴病院(現:藤元総合病院)に名称変更
1962年<昭和37>12月精神保健衛生法指定病院(藤元総合病院)
1964年<昭和39>7月救急指定病院(藤元総合病院)
1978年<昭和53>1月藤元総合病院の精神科部門を分離し藤元病院を開設
1980年<昭和55>11月救急指定病院(藤元病院)
1981年<昭和56>12月宮崎県北諸県郡三股町に大悟病院を開設
1985年<昭和60>8月日本脳神経外科学会認定医訓練指定施設(藤元病院)
1986年<昭和61>1月成人病予防検診機関“健診事業部”を開設
1989年<平成 1>4月老人保健施設“グリーンホーム”を開設
都城洋香看護専門学校を開校
1990年<平成 2>1月日本泌尿器科学会専門医教育認定施設(藤元総合病院)
4月消化器内科開設(藤元総合病院)
1991年<平成 3>4月老人性痴呆疾患センター指定(藤元病院)
6月人工透析導入(藤元総合病院)
1994年<平成 6>8月宮崎市に宮崎循環器病院(現:藤元中央病院)を開設
1995年<平成 7>12月早鈴訪問看護ステーションを開設(藤元総合病院)
1996年<平成 8>4月大塚訪問看護ステーションを開設(藤元中央病院)
1997年<平成 9>3月藤元病院(精神科)新築
6月藤元総合病院 ガンマナイフ(定位放射線治療装置)導入
12月総合リハビリテーション・人工透析センターを設置(藤元総合病院)
1998年<平成10>3月日本循環器学会認定循環器専門医研修施設(藤元中央病院)
1999年<平成11>8月第二種感染症指定医療機関認定(藤元総合病院に4床)
2000年<平成12>4月痴呆老人デイケアを通所リハビリテーションセンターに変更し藤元早鈴病院(現:藤元総合病院)に設置
藤元病院(一般科)と藤元早鈴病院(現:藤元総合病院)を合併し、名称を藤元早鈴病院(現:藤元総合病院)とし開設
藤元病院(精神科)を分離し、名称を藤元病院とし開設
被爆者一般疾病医療機関に指定(藤元総合病院)
12月大塚在宅介護支援センターを開設(藤元中央病院)
2001年<平成13>3月日本リハビリテーション医学会研修施設の認定(藤元総合病院)
10月藤元総合病院 先進医療センター開設
サイバーナイフ(定位放射線治療装置)導入
2002年<平成14>2月藤元総合病院健診センター設立(藤元総合病院)
5月藤元総合病院本館新築
6月リニアックプリサイス導入(藤元総合病院)
PET(陽電子放射線断層撮影装置)導入
MEG(脳磁図)導入
10月地域リハビリテーション広域支援センターの指定(藤元総合病院)
12月日本外科学会専門医関連施設の認定(藤元総合病院)
2003年<平成15>3月日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設の認定(藤元総合病院)
4月日本医学放射線学会放射線科専門医修練施設の認定(藤元総合病院)
6月更正医療を担当する医療機関の指定(藤元総合病院)
7月第二種感染症指定病床陰圧工事実施(SARS対策)(藤元総合病院)
8月周産期医療センター開設(藤元総合病院)
周産期指定養育医療機関の指定(藤元総合病院)
10月臨床研修病院の指定(藤元総合病院)
2004年<平成16>3月臨床研修病院の指定(藤元病院)
5月腎臓提供協力病院の指定(藤元総合病院)
10月日本てんかん学会研修施設の認定(藤元総合病院)
11月日本放射線腫瘍学会施設の認定(藤元総合病院)
サイバーナイフⅡ(定位放射線治療装置)導入
2005年<平成17>1月日本脳神経外科学会専門医認定訓練施設の認定(藤元総合病院)
麻酔科認定病院の指定(藤元総合病院)
2月緊急病院等の認定(藤元総合病院)
4月三学会構成心臓血管外科基幹施設(鹿児島大学医学部附属病院)の関連施設の認定(藤元総合病院)
11月日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設の認定(藤元総合病院)
2006年<平成18>1月日本外科学会専門医制度関連施設の指定(藤元総合病院)
日本静脈経腸栄養学会実施修練施設の認定(藤元総合病院)
日本胸部外科学会指定施設(鹿児島大学医学部附属病院)関連施設の指定(藤元総合病院)
3月オーダリングシステム導入(藤元総合病院)
4月日本周産期・新生児医学会専門医暫定研修施設の認定(藤元総合病院)
7月大悟病院病棟新築
指定居宅サービス事業者の指定(大悟病院)
10月人に優しい福祉のまちづくり条例に基づく適合証交付(大悟病院)
12月原子爆弾被害者に対する援護に関する法律に基づく医療機関の指定(藤元総合病院)
2007年<平成19>1月日本核医学界専門医教育病院の認定(藤元総合病院)
日本外科学会外科専門医制度修練施設の認定(藤元総合病院)
4月放射線治療科専門医修練機関の認定(藤元総合病院)
社団法人日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設認定(藤元病院)
6月指定介護予防サービス事業者の指定(大悟病院)
5月藤元総合病院10床増床(330床)
10月日本血管インターベンション学会研修施設の認定(藤元総合病院)
11月日本がん治療認定機構研修施設の認定(藤元総合病院)
2008年<平成20>4月宮崎県地域周産期母子医療センター認定(藤元総合病院)
8月日本循環器学会専門医研修施設の認定(藤元総合病院)
12月消化器センター開設(藤元総合病院)
2009年<平成21>4月助産学科開設(都城洋香看護専門学校)
7月宮崎県肝疾患診療専門医医療機関の指定(藤元総合病院)
12月病院機能評価Ver5取得(藤元中央病院)
2010年<平成22>4月宮崎循環器病院を藤元中央病院に名称変更
11月前立腺がん密封小線源治療装置導入(藤元総合病院)
12月藤元総合病院の精神科外来を分離して藤元病院外来診療開始(藤元病院)
2011年<平成23>3月給食棟改築(大悟病院)
4月日本泌尿器科学会専門医教育施設認定(藤元中央病院)
7月ガンマナイフパーフェクション導入(藤元総合病院)
8月PACS導入(藤元総合病院)
9月リニアックシナジー導入(藤元総合病院)
10月日本血管インターベンション治療学会研修施設の認定(藤元早総合院)
12月宮崎県認知症疾患医療センターの指定(大悟病院)
2012年<平成24>4月日本臨床検査技師会・日本臨床検査標準協議会制度補償施設の認定(藤元総合病院)
日本心臓血管麻酔学会心臓血管麻酔専門医認定施設の認定(藤元総合病院)
6月乳腺診療センター開設(藤元総合病院)
12月結核病床13床返還(藤元病院)
2013年<平成25>1月日本呼吸器内視鏡学会関連認定施設の認定(藤元総合病院)
藤元病院病床再編成(藤元病院)
3月日本医療機能評価機構Ver6 認定病院(藤元総合病院)
4月社団法人八日会を一般社団法人藤元メディカルシステムへ組織変更
病院名を一般社団法人藤元メディカルシステム 藤元総合病院に名称変更
都城洋香看護専門学校を藤元メディカルシステム附属医療専門学校へ校名変更
藤元総合病院・藤元病院 電子カルテ導入
5月藤元総合病院17床増床(343床)
10月藤元総合病院 地域包括病棟設置50床増床