グループ代表挨拶

「伝統と革新の共存、その先へ」

president

藤元メディカルシステムグループは、「医療」「介護」「健康」「教育」「社会貢献」の5つの事業の柱を持ち、約80年の歴史を有しています。

グループの企業理念である「地球上のすべての生命を尊重し、親愛と思いやりをもって、人類、社会の進歩発展に貢献すること」に基づいて、地域の皆さまの喜びと満足のある医療・介護環境を実現するとともに、地球環境と社会のサステナビリティ(持続可能性)に貢献することを社会的使命としています。

弊グループは、創設者の藤元静雄によって設けられた町の診療所に始まり、今日の事業体に至るまでに、多くの皆さまからのご支援を賜わり、地域とともに発展してまいりました。現在も創設当時のメンバーの社会貢献に対する熱い想いは、様々な形で伝統となって後の世代へと受け継がれ、生き続けています。

時代が大きく変化していく中で、弊グループがより大きく社会に貢献するためには、ご利用頂く方々のニーズの変化に応じて、あるいはニーズの変化に先んじて、積極的に自らを変えていく、いわゆる「革新」が必要不可欠です。
その一方で、次世代に伝えるべき「伝統」はしっかりと守っていく、古き良きものは残し、伝えていくことが大切です。伝統と革新が共存してはじめて、社会の持続可能性を高め、より必要とされる企業体が構築されると信じています。

私たちは、地域に寄り添い、共感することのできるヘルスケアグループであり続けるため、未来を担う若い人たちを積極的に支援するとともに、グループ力を結集し、一層の公共的責任と社会的使命を果たしてまいります。

2017年10月1日

藤元メディカルシステム
理事長  藤元 勇一郎