グループ代表挨拶

president藤元メディカルシステムは、1942 年の創立以来、「医療」「介護」「健康」「教育」「社会貢献」を事業の5 つの柱として地域の皆さまと共に歩んでまいりました。
私たちは、グループの経営理念である「地球上のすべての生命を尊重し、親愛と思いやりをもって、人類、社会の進歩発展に貢献すること。」に基づき、地球と共生しながら、利他の精神を持ち続けることで、本当の意味で助け合うことのできる社会づくりを目指しています。

また、藤元メディカルシステムでは、新生児から高齢者まで、必要なサービスを一貫して提供できる体制を整えています。そして今日に至るまで、この幅広いライフスパンへの対応力で地域社会に大きく貢献してまいりました。
これからは、私たちが日頃実践していることを徹底的に地域社会へ向けてコミットしていく新たな段階に入ります。グループ約2300 名の仲間一人ひとりが、これまで以上に責任と情熱を持って、日々変化する多種多様なニーズに自発的に応えていく、そのようなステージです。

今日、世界は大きな転換期を迎えており、なかでも地球温暖化や砂漠化など、地球環境問題への対応が大きな課題となっています。
私たちは、地球の壮大な恵みに感謝するとともに、豊かな地球環境を次代に引き継ぐため、環境経営を推進し、美しい自然を守ることを大切な責務として捉えています。既存の枠組みや仕組みを超えて、さらなる地域社会の活性化と充実したインフラのある社会実現のため、使命感を持って率先して取り組んでまいります。

藤元メディカルシステム 理事長
藤元 登四郎